GC光触媒内装加工液

31,500円/kg(税込み)

GC光触媒内装加工液光触媒の効果はMRSA(メチリン耐性黄色ブドウ球菌)、大腸菌、ウイルスを酸化分解により死滅させます。アンモニア、アセトアルデヒド、硫化水素などの悪臭物質を発生させる原因の一つであるバクテリアの繁殖を抑制し、ホルムアルデヒド、トルエンなどのVOC(揮発性有機化合物)を分解します。
従来の光触媒製品では加工ができなかった繊維や壁紙への加工を実現しました。こちらの商品は業務用となります。

室内環境の浄化の決定版 !!
詳しくはこちら(PDF)

常温硬化型光触媒加工液
二酸化チタン微粒子分散体
アニオン、ノニオン性
IPA;0.2%含有

○光触媒微粒子とバインダー成分を水に分散させたほぼ中性の加工液です。
○様々な繊維製の内装材に容易に光触媒加工を施すことができます。
○特別な酸、アルカリ対策は必要ありませんが、乾燥前の加工液が皮膚についたときはすぐに洗い流してください。
 また目に入ったときはすぐに水で洗い流した後、医師の診断を受けてください。
○噴霧しやすいようにアルコール成分(IPA)が添加されています。塗布作業をするときは風通しを良くして下さい。
○開栓後はなるべく早く使い切ってください。保存の際は冷暗所に保存してください。凍結させないでください。

《加工方法および注意事項》
・ 本液は1m2あたり約10g塗布するのが使用の目安です(1kgで約100m2塗布できます)。
・ よく攪拌してから使用してください。
・ 本液は希釈せずそのまま使用してください。水道水などが混入したり分け取った容器が汚れていたりすると、
 本液の安定性が悪化し液の成分が凝集、沈殿を生じる可能性がありますので注意してください。
 万が一、触媒成分が凝集すると液が使用できなくなることがあります(噴霧したものが白くなってしまいます)。
・ 塗布後は風通しを良くして充分に乾燥してください。
 また、触媒活性が発揮されるまでに多少時間がかかることがありますが、紫外線にあたることで活性化します。

ご注文はこちらから

PAGE TOP