アスベストについて

石綿は、1970年ごろから1990年ごろにかけて大量に輸入され、その多くは建材として建築物に使用されました。

今後これらの建築物の老朽化による解体工事に伴う関係労働者の健康障害防止対策を図るため、平成17年7月1日には「石綿障害予防規則」が施行されました。石綿障害予防規則では、建築物の解体等の作業を行うときは、あらかじめ、石綿使用の有無を設計図書等により調査し、その結果、使用の有無が明らかにならなかったときは、分析調査し、その結果を記録することと定められています。ただし、石綿が吹付けられていないことが明らかで、石綿が使用されているとみなして対策を講ずる場合は分析調査の必要はありません。

また、建築物に吹き付けられた石綿が損傷、劣化等によりその粉じんを発散させ、労働者がその粉じんにばく露するおそれがあるときは、当該吹き付け石綿の除去、封じ込め、囲い込み等の措置を事業者・建築物の貸与者が講じなければならないと定められています。
石綿の種類はこちら>>


アスベストはどんな場所にあるの?

「うちの職場にはアスベストが使われているんじゃないだろうか?」、「自宅はアスベスト、大丈夫かしら?」と思ったことはありませんか?実際、不安を抱く方は大勢います。では実際どのような場所をチェックすればよいのでしょう。

―日本家屋―
通常吹付けアスベストは使用されておりませんが、耐火や断熱、防音、防湿のために使用されている場合があります。屋根(化粧スレート)や軒下(フレキシブル板など)、天井、床(Pタイル)、台所周りなどにアスベスト含有建材が使用されていることがあるようです。

―高層ビルやマンションなど鉄骨・鉄筋建築物―
鉄骨・鉄筋造では耐火被覆の目的で梁や柱などにアスベストが吹付けられていることが多く、また、エントランスや廊下などの天井にも耐火や防音の目的でアスベストが吹付けられていたり、アスベスト含有建材が使用されていることがあるようです。 特に駐車場やボイラー室の天井や鉄骨にはアスベストが使われていることが多々みられます。


アスベストの分析方法

−建材中の石綿(アスベスト)分析−
JIS A 1481
アスベスト分析フロー・測定方法はこちら>>

NEXT
 
下記リンク先のフォームでお見積ができます。必要事項に御記入の上、送信してください。
電子メールまたはFaxにて数日以内で参考お見積を御返送いたします。(無料)

お見積はこちら!
☆お問い合わせ☆
株式会社 笑顔と生活安全分析センター
Tel:03−3823−2931(受付時間 10:00〜17:00)
Fax:03−6412−9906(受付時間 24時間O.K.)
E-Mail:info@sl-analysis.jp(受付時間 24時間O.K.)
PAGE TOP