アスベストの種類

「国際労働機関」及び日本工業規格(JIS K 3850)では、次の6種を「石綿」と定義していますが、(1)〜(3)が商業的に使用されました。石綿は天然の無機けい酸塩鉱物が繊維状に変形したもので、長さが5μm以上で縦横比が3以上のものとされています。

【石綿(アスベスト)の種類】
アスベストの種類
【石綿(アスベスト)の種類】

■用途
防音、断熱、絶縁材料、自動車や鉄道車両のブレーキパッド、クラッチ板、屋根瓦、
屋根用波板、石膏板、天井用化粧板、ガスケット、シーリング材、パッキング

■関連法規
(1)石綿障害予防規則・・粉塵の飛散防止、作業主任者の選任など規定
(2)大気汚染防止法・・・特定粉じんとして工場・事業所からの排出発生規制
(3)労安衛法・・・・・・アスベスト含有製品の製造禁止、作業環境、作業主任者選任
(4)廃掃法・・・・・・・特別管理産業廃棄物に指定

NEXT
下記リンク先のフォームでお見積ができます。必要事項に御記入の上、送信してください。
電子メールまたはFaxにて数日以内で参考お見積を御返送いたします。(無料)

お見積はこちら!
☆お問い合わせ☆
株式会社 笑顔と生活安全分析センター
Tel:03−3823−2931(受付時間 10:00〜17:00)
Fax:03−6412−9906(受付時間 24時間O.K.)
E-Mail:info@sl-analysis.jp(受付時間 24時間O.K.)
PAGE TOP