WEEE・RoHS指令、グリーン調達分析

EU(欧州連合)では2003年2月13日,廃電気電子機器指令(WEEE)および有害物質使用制限に関する指令(RoHS)の2つの指令を正式に発効致しました。

電気・電子機器製造メーカは、このRoHS指令により、電気機器の新製品への鉛、水銀、カドミウム、六価クロムの重金属と、臭化物難燃剤PBBとPBDEの使用を2006年7月1日までに原則として非含有とすることを義務付けられています。そのため、このRoHS指令の6物質が製品に含有されているかどうかを分析することが重要になっています。

当社では、RoHS指令に規定された使用制限物質の分析について承っております。
是非、お問い合せください>>

(1)RoHS指令とは?

Restriction of the use of certain HazardousSubstancesの略称で、電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限にかかわる指令です。電気・電子機器における危険物質の法規定を整備し、生産から処分に至る全ての段階で環境や人の健康に及ぼす危険を最小化することを目的としています。

【使用制限物質】

項目 分析方法(日本語) 分析方法(英語)
Cd
(カドミウム)
a)ICP-AES法及び電気加熱原子吸光法 a)Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectrometry
(Electrothermal Atomizer Atomic Absorption Spectrometry)
Pb
(鉛)
a)酸分解−ICP-AES法及び電気加熱原子吸光法
b)硫酸灰化−ICP-AES法及び電気加熱原子吸光法
a)Acid-decomposition - Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectrometry
(Electrothermal Atomizer Atomic Absorption Spectrometry)
b)Sulfated ashing - Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectrometry
(Electrothermal Atomizer Atomic Absorption Spectrometry)
Hg
(水銀)
a)加熱気化原子吸光法
b)酸分解−還元気化原子吸光法
a)Heating Vaporized Atomic Absorption Spectrometry
b)Acid-decomposition - Reduced Vaporized Atomic Absorption Spectrometry
Cr6+
(六価クロム)
a)不活性ガス中溶出及び温水溶出
−ジフェニルカルバジド吸光光度法
b)温水溶出
−ジフェニルカルバジド吸光光度法
a)Elution with Inert Gas - Diphenylcarbazide Absorptiometry
b)Elution with Boiling Water - Diphenylcarbazide Absorptiometry
PBB
(ポリ臭素化ビフェニル)
抽出−GC/MS法 Extraction - Gas Chromatography-Mass Spectrometry
PBDE
(ポリ臭素化
ジフェニルエーテル)
抽出−GC/MS法 Extraction - Gas Chromatography-Mass Spectrometry
Cr
(総クロム)
a)酸分解−ICP-AES法及び電気加熱原子吸光法 a)Acid-decomposition - Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectrometry
(Electrothermal Atomizer Atomic Absorption Spectrometry)
Br
(臭素)
燃焼−イオンクロマトグラフ法 Combustion - Ion Chromatography
PAGE TOP

【適用される機器】

  対象製品(抜粋)
1 大型家庭用電気製品 ・冷蔵庫 ・洗濯機 ・空調機器 など
2 型家庭用電気製品 ・電気掃除機 ・編み機 ・時計 など
3 IT及び遠隔通信機器 ・パソコン ・データ処理装置関連 ・携帯電話 など
4 民生用機器 ・テレビ ・ラジオ ・オーディオ機器 など
5 照明装置 ・家庭用照明器具を除く蛍光灯照明器具 など
6 電動工具 ・ドリル ・のこぎり ・ミシン など
7 玩具 ・ビデオゲーム機 ・ビデオゲーム機 ・スロットマシン など
10 自動販売機 ・清涼飲料水用自動販売機 など
※RoHS指令では、電球・家庭用照明器具も含みます。
※第二条では適用除外品について記述されています。


(2)グリーン調達とは?

メーカーが製品に使用する部品や資材を調達する時、これまでのグリーン調達の基準「品質、コスト、納期」に対して「環境配慮」を追加することを指しています。具体的には、環境に影響を及ぼす化学物質の使用状況などを評価し物品を選択します。

「グリーン調達」の基準はメーカー各社により様々ですが、部品などの化学物質データの提示と、「ISO14001(環境管理の国際規格)」などの環境管理システムの導入を求めるケースが一般的になっています。

また最近は建設業界にも普及し始め大手ゼネコン(総合建設会社)が、「グリーン調達ガイドライン」を独自に策定し、社内の資材調達部門にリサイクル材など、環境配慮型資材を積極的に採用するように呼びかけています。日本の産業界全体で、資材投入量の4割強を使用する建設業界が、グリーン調達を定着させれば、巨大な環境配慮型資材の受け皿ができることになります。

下記リンク先のフォームでお見積ができます。必要事項に御記入の上、送信してください。
電子メールまたはFaxにて数日以内で参考お見積を御返送いたします。(無料)

お見積はこちら!
☆お問い合わせ☆
株式会社 笑顔と生活安全分析センター
Tel:03−3823−2931(受付時間 10:00〜17:00)
Fax:03−6412−9906(受付時間 24時間O.K.)
E-Mail:info@sl-analysis.jp(受付時間 24時間O.K.)
PAGE TOP